現役セラピストが揉むのをやめた理由①

こんばんは。

京都 向日市 自宅サロン hokulani

さとう式リンパケアインストラクター

セルフケアマスター養成講師

「ゆるーくふわっと体を軽くする」

藤田由佳です。

 

 

私がさとう式リンパケアインストラクターになるまでを書きます。

 

現役セラピストが揉むのをやめたわけ①

 

私は20代より、約7年間リラクゼーションサロンで勤務してきました。

 

ひたすらお客様のお身体をほぐす毎日。

「あぁ~楽になった」「気持ちよかった」という言葉が聞きたくて、一生懸命揉んでいました。

その頃は足圧、オイルマッサージ、リフレクソロジー、フェイシャル、クイックマッサージ、痩身などしていて、毎日が本当に目まぐるしかったです。

でもその中で疑問に思ったことがあります。

 

肩こりはなぜ治らないの?」
「揉み返しはなぜ起きるの?」

 

 

 

例えば骨折で病院に行けば、完治するともう通う必要がないのに、肩こりや腰痛はずっと通わなくてはいけない。

 

この疑問がずーっと胸の奥にありました。

明確な答えがわからないまま、過ぎていく毎日。

揉んだ直後は「気持ちよかった」とおっしゃって下さるお客様。

もっと楽になるなら…と次回ご予約もとってくださいます。

 

でも次のご来店では、

確かにほぐれるのは早くなってるけど、コリは前よりもっと固くなってる…?

 

最初1の力で満足されてたお客様は、段々と1の力では満足してくれなくなってました。
お客様はもっと強くと要求されるので、言われるがまま強く押していました。

そんなお客様が1人や2人じゃなかったのです。

 

揉むと確かに柔らかくなる。
施術後は確かに柔らかくなってる。

 

その頃は揉んだり、押したり、引っ張ったりする方法しか知らなかったのです。

 

 

続く…

セラピストが揉むのをやめたわけ②

最後までお読み下さり、感謝です。

 

 


一覧ページに戻る